剃刀で脱毛するリスクについて

剃刀での自己処理にはリスクがたくさん!

ムダ毛の自己処理を行う時に剃刀を使われる方は多いかと思います。
ムダ毛を剃っていくだけなので、毛抜きに比べても非常に簡単な除毛方法と言えるでしょう。
脱毛とは違って肌の表面に出ている毛を剃っているだけなので、また時間が経過すれば毛穴の奥にある毛根から毛が発毛し、徐々に伸びていきます。
そのためまた生えてきたらムダ毛を処理しなくてはいけないのです。

また、剃刀での自己処理は様々なリスクを抱えています。
なるべくリスクを回避できるように、どんなリスクがあるのか、注意点などをご紹介していきます。

感染症のリスク

剃刀にどんなリスクがあるのかと言うと、まず感染症のリスクがあります。
剃刀は刃物なので毛を剃りながら皮膚の表面を削っている状態でもあります。
皮膚の表面を削ってしまうことで、角質層が剥がれてしまい、そこから肌の水分がどんどん逃げてしまいます。
肌が乾燥していると体内に雑菌が侵入しないように保護していたバリア機能が無くなってしまいます。
そのため、雑菌が中に入りやすくなってしまい、感染症を引き起こしてしまう場合があるのです。

剃刀を使って自己処理を行う時は、必ず清潔なものを使って、正しく除毛を行うようにしましょう。

剃刀負け・色素沈着、肌荒れのリスク

次に剃刀負けや色素沈着を起こす可能性があります。
毛の流れに逆らって、例えば上から下に向かっている毛をそのまま剃ると、なかなか根元付近までは刈り取られないため、そんな毛の流れとは反対から剃ることで根元付近までキレイに剃ることが出来る逆剃りをやってしまいがちですが、逆剃りをすることで剃刀負けを起こしてしまう原因につながってしまいます。

また、クリームなど何も肌に付けずにそのまま剃刀を使って毛を剃ることでも、肌に直接刃物が当たってしまうため肌が傷ついてしまう可能性が高まります。
剃刀負けしてしまうことで、その部分が色素沈着を引き起こしてしまうこともあるでしょう。
そのようなリスクを避けるために、逆剃りや何も付けずに毛を剃ることはもちろん、同じ箇所を何度も剃ったり、力を入れて剃ることは止めましょう。

また、剃刀で自己処理をした部分は見た目では分からなくても表面が傷ついてしまっている状態です。
そのまま放っておかずにきちんと保湿ケアを心掛けるようにしましょう。
保湿ケアを行うことで、乾燥による肌荒れを防ぐことが出来ます。

このように剃刀で自己処理をすることは様々なリスクへとつながってしまいます。
なるべくリスクを回避するようにケアをしていくことが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ