レーザー脱毛と光脱毛、何が違うのか?

pixta_21331116_S

レーザー脱毛と光脱毛、何が違う?

脱毛には「レーザー脱毛」と「光脱毛」という大きく分けて2種類の脱毛方法があります。
この2種類の脱毛方法は原理は同じなのですが、違いが見られるのです。

主に脱毛サロンやエステサロンなどで行われているのが光脱毛、医療機関であるクリニックで行われているのがレーザー脱毛となります。
レーザー脱毛と光脱毛にはどんな違いが見られるのか、知っておくことで自分はどちらの脱毛方法が適しているのかを知ることが出来ます。

違いその1:威力と範囲

レーザー脱毛と光脱毛の一番の違いと言えば威力と範囲ではないでしょうか。
そもそもレーザー脱毛と光脱毛は、光を毛根に当てることで熱が生まれ、その熱によって毛根にダメージが与えられて発毛を抑えることが出来ます。
そんな光の波長がレーザー脱毛の場合、一つの毛根に対して集中的に光を当てるためかなりの熱さを感じてしまいます。
しかしその分毛根へ与えるダメージはとても高く、脱毛効果が高いと言われています。

レーザー脱毛がクリニックで行われている理由は、脱毛時のダメージが高いため専門医しか扱うことが許されていないため、レーザー脱毛は美容外科などのクリニックでのみ行うことが出来るのです。

一方光脱毛は、集中的に光を当てるのではなく、光を広範囲に当てることで熱ダメージを与えていきます。
集中的に光を当てているわけではないので威力はレーザー脱毛よりも落ちてしまいますが、範囲はレーザー脱毛をするよりも1回で広範囲に照射することが出来るので短時間で脱毛処理を終わらせることが出来ます。

違いその2:痛み

2種類は痛みも異なります。
威力の高いレーザー脱毛は、熱が一箇所に集まるため痛みが強いと言われています。
一瞬の光ではあるものの、痛みに我慢出来ないという方もいらっしゃいます。
また、部位や毛の濃さによって痛みに変動があり、個人差によっても痛みを感じやすい人は注意が必要です。
光脱毛はというと、多少の痛みはあるものの、光が広範囲に分散されているおかげで痛みはあまり強くありません。
レーザー脱毛と同じように部位や毛の濃さによっては痛みがありますが、レーザー脱毛程痛むことは無いのです。
そのため、痛みが少ない分続けやすいというメリットがあります。

今回紹介したレーザー脱毛と光脱毛の違いはいかがだったでしょうか?

痛みは強いものの高威力で早く終わるレーザー脱毛と、痛みはあまり感じないが威力が弱く長期間通う必要がある光脱毛、それぞれメリットとデメリットを考慮しながら、あなたに合った脱毛方法を見つけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ