ムダ毛の自己処理にありがちなトラブル

pixta_16216101_S

剃刀での自己処理にありがちなトラブル

剃刀はとても簡単にムダ毛の処理が出来るということもあって、やっている方も多い除毛方法だと思いますが、そんな剃刀での自己処理には様々なトラブルがつきものです。
例えば、肌が乾いている状態で何も付けずに毛を剃っていくと、毛だけではなく肌の表面も削りとってしまうため肌を傷つけてしまうことになります。
また、肌が柔らかくなっていないことで毛が剃りにくく、剃りにくいせいで何度も同じ場所を剃ってしまい、それによってますます肌が傷ついてしまう可能性があるのです。
肌が傷ついてしまうことで、雑菌が入り込んでしまい感染症になる場合があります。
また、他にも何度も肌を刺激してしまうことでメラニンが反応してしまい、色素沈着が起きてしまう可能性があります。

さらに剃刀によって埋没毛が起きてしまう恐れがあります。
埋没毛とは剃刀でムダ毛を処理した時に毛だけでなく肌の表面を削ってしまうことで、肌が傷つきかさぶたになることがあります。
そのかさぶたが毛穴の上に出来てしまうため、次に新しく生えてくる毛が外に出ることが出来なくなってしまいます。
これを埋没毛と言います。

埋没毛は毛穴が黒く見えて目立つだけでなく、そのまま皮膚の中で成長してしまうこともあり、それを取り除こうと皮膚を破いて毛を抜いたとしても、またその部分がかさぶたになってしまうことで埋没毛が繰り返されてしまいます。

そうなると埋没毛だけでなく、色素沈着の問題も引き起こされてしまう可能性があるのです。

毛抜きでの自己処理にありがちなトラブル

毛抜きを使って毛を抜くと毛根までキレイに引き抜くととても気持ち良いですよね。
しかし、そんな毛抜きを使ったムダ毛の自己処理でもトラブルは起こってしまいます。
例えば、毛嚢炎という炎症です。
毛を引き抜くことでそこから雑菌が皮膚に入り込んでしまい、炎症を引き起こしてしまいます。
これを毛嚢炎と言い、ニキビのように腫れてしまいます。

基本的には炎症が起きてからしばらくすると治るのですが、重症化してしまうと膿が出来てしまう場合があります。
特にお風呂などの皮膚が湿っているところは、肌表面にいる雑菌も繁殖しやすい環境になってしまっているので、お風呂でムダ毛処理を行うと毛嚢炎になるリスクが増えてしまいます。

剃刀や毛抜きなど、ムダ毛処理として良く使われているものでは、このようなトラブルが多く見られます。
剃刀や毛抜きによる自己処理のトラブルを回避するなら、脱毛サロンなどでプロの手でムダ毛を処理してもらうことが一番のトラブル回避につながるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ